悲しいうつ病にきちんと向き合う~改善への糸口~

海と男性

鬱の原因とは

座る男性

治療の行い方

近年増加の一途を辿る「うつ病」の患者数ですが、そもそもどうして「うつ病」になるのでしょうか。その原因は主にストレスと言われていますが、実際には人々のストレス耐性が低下したというのもあります。うつ病は贅沢病とも呼ばれており、発展途上国などの貧困地域ではうつ病などは確認されていないそうです。なぜなら、そこに住む人々が生きていくことに必死だからです。日本も昔はうつ病の患者数は少なかったと言われています。中にはうつ病の症状を病気として認知したことによって、新たな病気を生んでしまったと言う人もいるくらいです。うつ病は本当に苦しい病気である一方で、目に見えない病である以上、どの程度本当につらいのか確認しにくいところがあります。最近では光トポグラフィー検査などが導入されてきており、脳内の動きを確認することで、うつ病を可視化する動きが高まっています。うつ病を発症している人の中には、本物の症状と詐病の症状の区別がつかなくなっている人もいます。そのような人を判別することは困難です。しかし、本当につらい人は動くことが出来ません。辛いと言いながら、自分の趣味には没頭できたり、楽しいことには積極的に参加したりする場合は詐病の可能性があります。

鬱の原因

うつの原因はストレスと言われていますが、前述のように、ストレス耐性の低下も主な原因にあげられるのです。些細なことで心が折れてしまう人が増えましたし、疲れたらすぐに休めるような環境も増えました。確かにそのような環境の方が、一部の人にとってより良いものではあります。しかし、一方では、うつ病の患者数が増加の一途を辿っているのです。うつ病の予防として大切なのは、ストレスを取り除くこと、そしてストレス耐性を上げることです。ストレスをいくら取り除いても、耐性が弱ければすぐに心が折れてしまいます。それよりならば、ストレス耐性を上げた方が、うつ病のリスクを減らすことが出来ます。ストレス耐性を上げるとは言いますが、そのために辛いシチュエーションにわざと直面するのはいけません。そのような形ではストレス耐性を上げることはおろか、ただストレスを増やしてしまいます。ストレスへの耐性を上げるためには、神経伝達物質のセロトニンを利用して、精神状態を良好に保つ必要があります。精神的に充実しているときは、些細なことで落ち込まないように、大切なのは心身のコンディションをベストな状態に保つことなのです。そうすることで、うつ病の予防となります。